2006年3月31日 (金)

「ライトワーム」佐藤憲胤 (群像2006年4月号)

 イッちゃってる奴を書くことにおいては稀有の才能を発揮する作者がまたやってくれた。薬の影響だか何だかしらないが、突如繁華街に現れたナイフ振り回し男に喉笛を切られ首がちぎれそうでふらふらするような気がする男が主人公だ。
 他にこの男の恋人とその弟が出てくるのだが、この弟がまた妄想の固まりで自分のことを6核と称している。後半は男と6核の交流が描かれていて6核が妄想の力で男の不安定な首をすんなり治したりしている。

 わけがわからない話と断ずることもできるが、それと切り捨てられない何かを持っている。男の日常は極めて普通である。航空券のネット販売を地道に手掛け堅実な経営を行っている。首が切られてふらふらする気がすること以外はまともな社会人なのだ。
 

 人は誰でも少なからず狂気を秘めているものだが、どこまでが正常でどこから狂気なのかは誰にも決められない。そのものさしの外にいる人が誰もいないからだ。狂気のスタイルは時代によって変わる。しかしそれはテレビや新聞がつくる「事件」という型紙を通したら最後、本当の姿が全く見えなくなってしまうものだ。作者は必死に今ここにある狂気のかたちを生のまま描こうともがいている。

(群像2006年4月号)

日本の富裕層―お金持ちを「お得意さま」にする方法
4796651454臼井 宥文

宝島社 2006-02
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | トラックバック (0)