2005年12月24日 (土)

「上海テレイド」高瀬ちひろ (すばる2006年1月号)

 すばる文学賞受賞第1作。受賞後すぐに次作が出るところをみると、この人も昨年の受賞者、中島たい子のようにカジュアル量産型作家になっていくのだろうか。
 受賞作「踊るナマズ」は民話を絡めた形で、夫とのなれそめのようなものを書いていたが、今回はもっとヘビーな姉と弟の近親相姦の話である。もともと性に対して奔放だった姉が、その欲望の対象を弟に定め、追いつめていく。姉の舌なめずりするような弟への欲望の濃さは、とても普通の姉弟の関係には見えない。「踊るナマズ」の夫婦のほうが、よほどあっさりしていて、きょうだいのようである。
 
 弟は姉の思いを受け止めたために、深く傷つき、姿を消す。そして自分の存在を意味深に表すように上海からテレイドスコープを送ってくる。それをきっかけにして姉はテレイドスコープ作家(!)となる。このあたりどうもレディースコミックっぽくて、なんだかなあと思うのだが、こんな感じのオチのほうが、最近の夢見るOL読者などにはウケるのか?

 前作も含めて、作者は性にまつわる物語を切り口を変えて描いていて目の付け所はおもしろいと思うのだが、残念ながらどこか類型的で、読んだ後もあまり強い印象を残さない。書いている本人でも説明がつかないような感情を丹念に見つけていくのが作家としての真骨頂だと思う。とりわけ性については特にそれが言える。最近の秀作としては、桐野夏生の「タマス君」(群像2006年1月号)が良い例である。友達のひきこもり息子を預かった末に襲われ、その果てに生じる思いがけない感情に翻弄される40代の女性の話であるが、これを読むとなんともいえない不思議な気持ちになる。性というのは現代ではとかく精神分析のような物語に収束しがちだが、それを超えた化け物のような本性があるのだということを認識せざるをえない。そうした排除され隠蔽された部分を見つけていく作業によって、我々の世界はまた新たに更新されていくのだろう。
(すばる2006年1月号)

安寿と厨子王
490070850X森 忠明

「京の絵本」刊行委員会 1999-11
売り上げランキング : 171,552

おすすめ平均star
star日本画の美しい挿絵

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | トラックバック (0)

2005年11月24日 (木)

「踊るナマズ」高瀬ちひろ (すばる2005年11月号)

 第29回すばる文学賞受賞作。九州に伝わるナマズ伝説を絡めながら、自分の夫との思い出を語る。
 東京新聞のコラムにも取り上げられていたが、選考委員の評価があまり芳しくない。「現代文学流行り物見本市」「マンガ定型風の安易なラブストーリー」「豪華おせちのパンフレットみたい」(笙野頼子)、「コンビニ小説」(辻仁成)あたりが一番手厳しく、他の評者も筆力は認めているが、受けそうな素材を並べたようなところが、いささか食い足りないようだ。

 評者の指摘で印象的だったのは、川上弘美の「親切」という言葉だ。要するに、この小説は「親切過ぎる」のだ。新人賞応募作ということで、どうしても作者は「ウケる」話を書こうとする。こういう素材でこんな話を読みたいんでしょ?と作者があまりにも意識し過ぎているのが、逆に白けてしまうのだ。この作者は器用な分、その親切心が前に出てきていて損をしている。

 このへんは昨年の受賞者、中島たい子も同様であり、どうしても読後感に軽さがついて回る。いまどきのOLのいまどきの悩みも結構だが、やはり純文学を名乗る以上は、そこに背を向けても語るべき何かを見つけてほしいものである。ウケる定型話が書きたいのならば「小説○○」といった大衆小説誌でデビューしたほうがいい。

 肝心の話の内容だが、なによりナマズ伝説を単なる性教育の道具に収斂してしまっているところがいただけない。単なる性教育だけの目的で、人々が何百年も語り継ぐわけがないではないか。伝説というものは意味が幾重にも巧妙に隠されているから魅力があるのであって、そんな記号的に解読できるほど簡単なものではないのだ。ある意味この小説はナマズ伝説が本来保持していた得体の知れない魅力を剥ぎ取り、無力化してしまったとも言える。全く罪なことだ。現代人の視点のみからクリアカットに伝説を解いても良いことはひとつもない。
(すばる2005年11月号)

ただのナマズと思うなよ
4163662707椎名 誠

文藝春秋 2004-09-11
売り上げランキング : 101,796

おすすめ平均star
star相変わらずすごいなぁ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | トラックバック (0)