2006年4月 7日 (金)

「異境」楠見朋彦 (すばる2006年4月号)

 台湾を旅する最中に腹痛に倒れる主人公。彼はとある場所で知り合った老人の親族に会うために台湾にやってきていた。腹痛も幸い軽いもので済み、老人を知る者にも会うことができた。

 実は彼自身のルーツも台湾に繋がるもので、この旅は彼にとっても深い意味があったのだ。彼は偶然会えた老人の知り合いを通して、自分自身の原形も感じたかったのかもしれない。しかしルーツがどうあれ、彼は既に日本人であり、台湾は異境としての壁を厳然と示していた。

 人は過去から現在を見ることで自分を規定する。自分の知らない過去と対峙し自分を更新する作業は想像するに相当辛いことだろう。異境とは単に空間的なものではなく、見知らぬ新しい自分という内面的なものでもあるのだ。

(すばる2006年4月号)

侯孝賢傑作選DVD-BOX 80年代篇
B0007LXPJ0侯孝賢

紀伊國屋書店 2005-04-23
売り上げランキング : 14,951

おすすめ平均star
star冬冬の夏休み
star小津のタマシイは台湾で復活した、、、
starやっと「恋恋風塵」が…(涙)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

「栄螺のある陸」楠見朋彦 (文學界2005年11月号)

 高校の同級生二人が、会津若松にある栄螺(さざえ)堂で再会し、思い出を語り合う。栄螺堂は、さざえという名の通り、堂内がらせん階段になっており、日本でも珍しい形の観音堂である。上りと下りが別々の階段になっているので、参拝者がすれ違わずに済むようになっている。その階段を上がり降りしながら、彼らは思い出を語り合う。ここを再会の場所に選んだのは、高校時代にこのお堂について夢中になったためだ。

 物語は、栄螺堂の由来などを絡めながら、彼らの過去と現在の境遇が明らかにされてゆく。由来や歴史ごとの記述が少し生硬で、物語の中に溶け込みきれていない感があるが、このお堂で彼らが再会しなければならなかった気持ちは伝わってくる。実際読んでいて、昔の友人に会いたくなるような気分に襲われる。
 
 ただし、彼らは決して互いに傷を舐め合うようなことはしない。ただ静かに思い出を語り、今までの人生の中での互いの存在を確認していく。それは自分の人生に他者の視点を入れることで、対象化し、ただ美化された主観的な人生の思い出でなく、厳しく自立した人の歴史として昇華する作業のようにも映る。その作業は、栄螺堂という上り下りが別々のルートになっている階段で語られることで、一段とその意味を明らかにしているようだ。今まで上がってきた過去の道とは違う道を降りていくこと、そして過去の道は遠ざかることなく、すぐそばに見えていること。その事実を実感しながら、彼らはまた10年後の再会を約束する。現状の生き方で生じるほつれを正し、またこれから歩まなければいけない未来のために、昔の友人という過去は必要なのだろう。
(文學界2005年11月号)


ジャンヌ、裁かるる
4062117525楠見 朋彦

講談社 2003-03
売り上げランキング : 554,443


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | トラックバック (0)