2005年9月10日 (土)

「リフレッシュ休暇」中島京子 (すばる2005年9月号)

 失業したため家を手放すことになり、引っ越しの作業をする斎藤一家。荷物の中からあるノートを発見し、斎藤はしばし読みふける。そこには過去に交際した女性との日々など他人には見せられない文章が記されていた。その記述を通して様々な思い出が蘇る。中でも強烈に蘇ってきた記憶は、会社からリフレッシュ休暇を与えられて行った香港旅行についてだった。

 作者の中島京子には中国を舞台に置くものが少なくないが、今回の作品も香港という街のある一面が丹念に表現されていて興味深い。主人公の斎藤は、香港の夜を徘徊するうちに、路地に佇む理髪院の妖しい灯りに吸い込まれていく。斎藤は出迎えた美しい女と身体を合わせるが、女は幻のように消えている。日本ではほとんど無くなってしまった奥深く甘美な闇をたたえた色街の雰囲気がそこにはまだあるようだ。失った昭和は今やアジアに時差をもって現出している。

 ノートに心を奪われるように読んでいた斎藤は、娘の鋭い呼びかけによって、我にかえる。そこで起こる禍々しい現実と生の感触。夢の世界に身をゆだねているうちに、知らずに死へ一歩踏み出していたようだ。甘い夢はやはり死の香りがするものなのだ。
(すばる2005年9月号)

さようなら、コタツ
4838715935中島 京子

マガジンハウス 2005-05-19
売り上げランキング : 135,509

おすすめ平均star
star傑作短編集!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | トラックバック (0)