2006年11月28日 (火)

「怪力の文芸編集者」中原昌也  (新潮2006年12月号)

 怪力と文芸編集者、ひどくミスマッチな取り合わせである。
 思わず、かつて一世を風靡したパロディマンガ「サルでも描けるマンガ教室」を思い出した。
 「サルまん」には、弁髪で筋肉ムキムキの巨人編集者が登場するのだ。
 あのキャラが笑えたのも、「筋肉」「巨人」という体育会的イメージと編集者という存在がミスマッチを起こしていたからである。
 
 頭が筋肉なこの編集者は、ひたすら刷り上がったばかりの文芸誌の束を抱えて運ぶ。
 運ぶ行為はえんえんと繰り返される。
 それに付随して、運ぶことの描写も、同様に繰り返される。
 同じ描写で同じ行為が、全編ずっと繰り返されるのだ。
 時間がループしているわけではなく、事は明らかに少しづつだが前進している。しかし、そこで行われる行為と描写は繰り返しを続ける。
 
 時間は進んでいるのに、行われている動作はループするというシュールさ。
 加えて、行為を演じているのが怪力の編集者という奇妙な存在。
 どこか筒井康隆が描くような悪夢に似ている。

 と思っていたら、なんとその筒井先生がこれと同様の作品を書いていたらしく、そのシンクロニシティを驚いている。
 その驚きを綴る文は次号新潮(2007年1月号)に掲載され、続いて翌月にはその作品が発表されるという。
 筒井先生がどのような意図を持って、これと同様の構造の作品を書いたのか興味深い。

(新潮 2006年12月号)
名もなき孤児たちの墓
4104472026中原 昌也

新潮社 2006-02-23
売り上げランキング : 6022

おすすめ平均star
starあえて醜態を晒す
star妖しく輝く「孤児」たち
star文学のふるさと

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | トラックバック (1)

2006年4月 4日 (火)

「点滅……」中原昌也 (新潮2006年2月号)

 作者には珍しい百枚もの長(?)編。内容は相変わらず不条理と書くことへの呪詛で塗り固められている。
 しかしどこか今までの短編にはなかったものが感じられる。
 それが何かはうまく言語化できないが、不条理に対する怒りの質が違うような気がする。

 彼が作り出す主人公の怒りは作品内に留まらず、読者に対してもその矛先を向けてきた。だが今回は怒りというより哀しみに似たもので、それも読者へというよりは同業者(作家や編集者)に対して発信しているように思われる。たぶん彼の言う、書くことの哀しみは同業者しか共有できないものなのだろう。

 今回の作品は深読みしようと思えばいくらでも深読みできるイメージに溢れている。
 誰もいないステージ、中止になったことを知らされないという疎外感、デパートで遊ぶ弛緩した家族連れなどなど。
 しかしそれらについて深く言及すればするだけ、彼の哀しみは深くなるのだ。
 
 思わせぶりの小説に、知ったような批評。こうした嘘っぽい関係にとことん彼は絶望している。
 と、書かれることさえも彼にはもう不快だろう。
 では、どうするのが、もっとも彼にとって本望か。
 正直、わからない。もしかすると読まないことが一番双方にとって幸せなのか。
 こうして皮肉にも、彼の拒絶に満ちた作品を通して、改めて我々は、小説を書くことの意味を考えることになる。 
(新潮2006年2月号)

名もなき孤児たちの墓
4104472026中原 昌也

新潮社 2006-02-23
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | トラックバック (0)

2005年9月 6日 (火)

「大集合!ダンサー&アクターズ」中原昌也 (文學界2005年9月号)

 ゲームの「大合奏!バンドブラザーズ」かと思った。3ページ半。またまた短い作品である。
 しかしいくつか頭に残るフレーズやシーンがある。電車内をチラシをくわえて逃げるチワワ。ビルの中に潜むギャングたち。
 まるでわざとジャンルの違う映画のシーンをコラージュしたようである。
 作品の冒頭は絵にならないたわいもない男たちの会話なのに、一枚ページをめくると、いきなり映画のような「絵になる」世界に突入する。これが意図的なものなのかどうかはわからないが、この落差感はおもしろい。話は相変わらず意味不明だけれど。
(文學界2005年9月号)

大合奏!バンドブラザーズ (ソフト単品版)
B00074ZFEA
任天堂 2004-12-02
売り上げランキング : 578

おすすめ平均star
star音ゲーじゃない、楽器だ
star是非あそんでほしいソフトです。
star意外に手放せないソフト

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | トラックバック (0)