« 「裏庭の穴」 田山朔美 (文學界2006年12月号) | トップページ | 「湖の南」 富岡多恵子  (新潮2007年1月号) »

2006年12月 4日 (月)

「いやしい鳥」 藤野可織  (文學界2006年12月号)

 第103回文學界新人賞受賞作。
 家に訪れた教え子が、奇妙な鳥に変身するドタバタ劇。
 鳥には恐怖のイメージがある。元々、鳥は恐竜だったというから、ほ乳類の本能として人間は、元は虫類としての鳥に恐怖を感じてもおかしくないらしい。
 
 鳥に変化した男との闘いぶりは壮絶そのものである。襲われるべき原因がきちんとあるならあまり怖くもないのだが、その原因がはっきりしないため、恐怖が倍加する。所詮、鳥と人間では話が通じない。

 鳥人間との闘いを演じている男宅の隣人も、薄々異常を感じている。
 話の冒頭と最後に、隣人からの視点で、この状況を客観的に描いているのが特徴的である。ノーマルな隣人の目から語ることで、日常の中であくまで起きた出来事ということを強調したかったのだろうか。

 偶然だが、同時受賞した「裏庭の穴」も隣人がキーとして出てくる。
 最近は隣人トラブルの事件も多いから、「不気味な隣人」というモチーフはわかりやすいのかもしれない。

 古い恐怖のイメージである「鳥」と新しい恐怖である「隣人」を組み合わせたところにこの小説の面白さがあるようだ。

(文學界2006年12月号) 
ねじまき鳥クロニクル〈第3部〉鳥刺し男編
410100143X村上 春樹

新潮社 1997-09
売り上げランキング : 1452

おすすめ平均star
star渾身の力作ではないでしょうか?
star文学の捧げもの
star村上春樹の真骨頂

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 「裏庭の穴」 田山朔美 (文學界2006年12月号) | トップページ | 「湖の南」 富岡多恵子  (新潮2007年1月号) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45668/12926797

この記事へのトラックバック一覧です: 「いやしい鳥」 藤野可織  (文學界2006年12月号):

« 「裏庭の穴」 田山朔美 (文學界2006年12月号) | トップページ | 「湖の南」 富岡多恵子  (新潮2007年1月号) »