« 「夢を与える」 綿矢りさ  (文藝2006年冬号) | トップページ | 「ポータブル・パレード」 吉田直美 (新潮2006年11月号) »

2006年11月28日 (火)

「怪力の文芸編集者」中原昌也  (新潮2006年12月号)

 怪力と文芸編集者、ひどくミスマッチな取り合わせである。
 思わず、かつて一世を風靡したパロディマンガ「サルでも描けるマンガ教室」を思い出した。
 「サルまん」には、弁髪で筋肉ムキムキの巨人編集者が登場するのだ。
 あのキャラが笑えたのも、「筋肉」「巨人」という体育会的イメージと編集者という存在がミスマッチを起こしていたからである。
 
 頭が筋肉なこの編集者は、ひたすら刷り上がったばかりの文芸誌の束を抱えて運ぶ。
 運ぶ行為はえんえんと繰り返される。
 それに付随して、運ぶことの描写も、同様に繰り返される。
 同じ描写で同じ行為が、全編ずっと繰り返されるのだ。
 時間がループしているわけではなく、事は明らかに少しづつだが前進している。しかし、そこで行われる行為と描写は繰り返しを続ける。
 
 時間は進んでいるのに、行われている動作はループするというシュールさ。
 加えて、行為を演じているのが怪力の編集者という奇妙な存在。
 どこか筒井康隆が描くような悪夢に似ている。

 と思っていたら、なんとその筒井先生がこれと同様の作品を書いていたらしく、そのシンクロニシティを驚いている。
 その驚きを綴る文は次号新潮(2007年1月号)に掲載され、続いて翌月にはその作品が発表されるという。
 筒井先生がどのような意図を持って、これと同様の構造の作品を書いたのか興味深い。

(新潮 2006年12月号)
名もなき孤児たちの墓
4104472026中原 昌也

新潮社 2006-02-23
売り上げランキング : 6022

おすすめ平均star
starあえて醜態を晒す
star妖しく輝く「孤児」たち
star文学のふるさと

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 「夢を与える」 綿矢りさ  (文藝2006年冬号) | トップページ | 「ポータブル・パレード」 吉田直美 (新潮2006年11月号) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45668/12852787

この記事へのトラックバック一覧です: 「怪力の文芸編集者」中原昌也  (新潮2006年12月号):

» Fioricet cod. [Fioricet loratab.]
Fioricet watson. Fioricet. Buy fioricet. Buy fioricet full information amp low prices. Fioricet plain pill. [続きを読む]

受信: 2007年6月 1日 (金) 03時48分

« 「夢を与える」 綿矢りさ  (文藝2006年冬号) | トップページ | 「ポータブル・パレード」 吉田直美 (新潮2006年11月号) »