« 「バス通りの夏」松野大介 (文學界2005年10月号) | トップページ | 「大きくなあれ」大道珠貴 (文學界2005年11月号) »

2005年11月13日 (日)

「青いスクーター」藤野千夜 (文學界2005年11月号)

 特集・大人のための児童文学のために書かれた作品。「大人のための」という部分をどう捉えていいのか微妙だが、今売れている小説の多くが童話のようなものであるから、これは一級の皮肉として考えることにした。
 話は生き霊に取り憑かれた高校男子が主人公。まさに青春まっただなかという感じの高校男子で、考え・行動がスピーディだ。こうした筆致はさすが変幻自在の文体を持つ藤野千夜である。

 生き霊はどうやら昔酷い目に遭わせた女子が恨んだ末に生じたものであるらしい。困った彼は思いきって、その本人に会って解決の道を探るが、一度生じた生き霊は、もはや彼女本人にもどうすることもできないらしい。そのあたりの融通の効かなさが妙に生々しくて読後の記憶に残る。最後には生き霊もその姿を消すが、消えた原因も不明であり、高校男子も最悪の結末を迎える。
 よくあるぬるい現代童話のように最後は平凡なハッピーエンドで終わらないところが、あらゆる教訓的意味に回収されない強みを持っている。なんだかわからない、ざらっとした味が残ってこそ、無意識に訴えるという本来の童話が持つ意味が表れてくるのだ。
(文學界2005年11月号)

ルート225
4101164312藤野 千夜

新潮社 2004-12
売り上げランキング : 69,269

おすすめ平均star
star読み手を選ぶ
star姉弟愛ですね
starこの姉弟に泣かされてしまった

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 「バス通りの夏」松野大介 (文學界2005年10月号) | トップページ | 「大きくなあれ」大道珠貴 (文學界2005年11月号) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45668/7192133

この記事へのトラックバック一覧です: 「青いスクーター」藤野千夜 (文學界2005年11月号):

« 「バス通りの夏」松野大介 (文學界2005年10月号) | トップページ | 「大きくなあれ」大道珠貴 (文學界2005年11月号) »