« 「ガシャポン ガールズ篇」宮崎誉子 (群像2005年10月号) | トップページ | 「うつつ・うつら」赤染晶子 (文學界2005年10月号) »

2005年10月30日 (日)

「糞の魂」桐野夏生 (新潮2005年10月号)

 文芸誌には、連作のような素振りをして、その実、単なる連載と変わらないものが常にいくつか存在している。どういう事情でそうなるかはわからないが、連作と称するならば、やはり、一作ごとに話として、ひとつのまとまりを持った完成品として発表してもらいたいものだ。前後の話の接ぎ穂でしかないような形で出されても、ひとつの作品として味わえないので困る。毎回、ひとつの独立した作品として構築できないならば、始めから連載とすればよいのだ。連載ではなく連作という形式に逃げ込むのは、毎号続けて書くことのできない作者の力量の無さと準備不足が関係していると思えてならない。

 そうしたエセ連作がはびこる中、桐野夏生のこの「東京島」だけは、連作としての意味合いをきちんと持った堂々たる作品である。この連作は、掲載されるのがとても待ち遠しい。
 最近、この連作でクローズアップされている人物は、集団から疎外されているワタナベだ。遭難して無人島で自活を余儀なくされている日本人ツアーの一行は、島での生活が長くなるにつれ、その本性を剥き出しにして生存競争にしのぎを削る。登場する全員がユニークな存在で、誰をとっても話ができあがるのだが、特にこの離れ猿的境遇のワタナベの思考・振る舞いは、あらゆる意味で日本人的で興味深い。ワタナベのことを醜いと感じることもできるが、しかし、それはあくまで衣食住足りた立場から見た限りの捉え方であり、こうした非情な状況に自らが置かれた時、誰もがワタナベと化す可能性は多分にあるのだ。無人島に流れ着くというのは、ある種のアレゴリーであり、状況だけ考えれば、それは地震のような災害、不可避な紛争、テロに置き換えることは容易い。
 
 今回、島への漂着者が新しく増えた。それは中国人らしき男達が10人ばかりで、ワタナベは彼らと行動を共にすることを選ぶ。この選択が今後ワタナベの運命をプラスに変えていくかは皆目わからない。ワタナベを疎外した日本人のグループは、既に不穏な姿勢を示し始めている。ワタナベは果たして作品完結まで生きていられるのか。次回の掲載がまたまた楽しみである。
(新潮2005年10月号)

魂萌え !
4620106909桐野 夏生

毎日新聞社 2005-04-21
売り上げランキング : 1,895

おすすめ平均star
starあなたならどうしますか?
star取り残された現実は戦場だった
star一気読みしてしまいました

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 「ガシャポン ガールズ篇」宮崎誉子 (群像2005年10月号) | トップページ | 「うつつ・うつら」赤染晶子 (文學界2005年10月号) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45668/6747269

この記事へのトラックバック一覧です: 「糞の魂」桐野夏生 (新潮2005年10月号):

» 共に生きる21世紀(1) [MOMENT編集]
(第一回)インタビュアー(In.):「はじめまして。早速お話をですね・・」猿谷桃ェ門是惟(Guest):「(いきなり走り出す)」 In.:「あっ、あのどうしたんですか!」Guest:「(仲間を追い回す)」In:「どうして人里にやって来たのですか?」Guest:「(仲間から取り上げた竹の子をかじっている)」In.:「この訪問は何かのメッセージなのでしょうか?」Guest:「(アカシアの木に飛びつき花をモ�... [続きを読む]

受信: 2005年10月30日 (日) 18時23分

« 「ガシャポン ガールズ篇」宮崎誉子 (群像2005年10月号) | トップページ | 「うつつ・うつら」赤染晶子 (文學界2005年10月号) »